HOME お問い合わせ サイトマップ
・図書目録
・雑誌目録
・会社概要
・ご注文

[医学]
・慈恵医大皮膚科
・慈恵医大耳鼻科
 花粉症ページ

[植物]
・高知県立牧野植物園
[出版関連]
・出版ダイジェスト.net
・ジュンク堂書店
・紀伊国屋書店
・丸善
・八重洲ブックセンター
・平安堂
[その他]
・自然科学書協会

プライバシーポリシー
特定商品取引法に基く表示

BIO Clinica 2017年 4月号号

BIO Clinica 2017年 4月号
グライコバイオロジーの新展開
The dawn of next generation glycobiology

価格:定価2,130円+税

TOP(巻頭言) 糖鎖研究の新時代をむかえて(谷口 直之)
・総論:次世代型糖鎖研究の黎明期が始まる(三善 英知)
・糖鎖と神経の再生(門松 健治)
・レクチンの再生医療への応用(舘野 浩章)
・糖タンパク質化学合成の医学への応用(梶原 康宏・和泉 雅之・岡本 亮)
・肝疾患の糖鎖バイオマーカー(鎌田 佳宏・三善 英知)
・N型糖鎖の分解異常と疾患(鈴木 匡)

NEWS FROM INDUSTRY
・実用化を目指した糖鎖の工業的製造(太田 尚志・松﨑 祐二 他)
・糖鎖解析ツール レクチンについて(小林 夕香・村田 定三・上野 泰)
・マイクロチップを用いた全自動蛍光免疫分析装置ミュータスワコーi30の開発 黒澤 竜

雄(51)
・新しい肝線維化マーカー HISCL M2BPGiTMの開発(中林 一樹)

BIOLOGY TOPICS
・新しいインスリン分泌機構(吉田 昌史)
・神経系における糖鎖構造の変化(近藤 大輔)
・寄生性線虫の糖鎖エピトープとガレクチン(武内 智春・荒田 洋一郎)
・糖鎖を利用した半導体型ウイルスセンサ(秀島 翔 71
・癌と宿主におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割(永橋 昌幸・若井 俊文)
・糖鎖化学合成の貢献・課題・展望(野上 敏材 83
・微生物酵素を用いた均一糖鎖を持つバイオ医薬品の調製(苫米地 祐輔・山本 憲二 他


・多能性幹細胞における糖鎖の機能(西原 祥子)

HISTORY
・HIV治療の歴史 (3)―潜伏感染細胞を標的とした新規治療―(岡田 誠治)



戻る

Copyright (C) 2005 Hokuryukan&NEW SCIENCE co., ltd. All Rights Reserved.